flumpool 証 

作詞:山村隆太 作曲:阪井一生
前(まえ)を向(む)きなよ 振(ふ)り返(かえ)ってちゃ 上手(うま)く歩(ある)けない
遠(とお)ざかる君(きみ)に 手(て)を振(ふ)るのがやっとで

声(こえ)に出(だ)したら 引(ひ)き止(と)めそうさ 心(こころ)で呟(つぶや)く
“僕(ぼく)は僕(ぼく)の夢(ゆめ)へと 君(きみ)は君(きみ)の夢(ゆめ)を”

あたりまえの温(ぬく)もり 失(な)くして 初(はじ)めて気(き)づく
寂(さび)しさ 噛(か)み締(し)めて 歩(ある)みだす勇気(ゆうき) 抱(いだ)いて

溢(あふ)れだす涙(なみだ)が 君(きみ)を遮(さえぎ)るまえに
せめて笑顔(えがお)で“またいつか”
傷(きず)つけ合(あ)っては 何度(なんど)も許(ゆる)し合(あ)えたこと
代(か)わりなき僕(ぼく)らの証(あかし)になるだろう

“我侭(わがまま)だ”って貶(けな)されたって 願(ねが)い続(つづ)けてよ
その声(こえ)は届(とど)くから 君(きみ)が君(きみ)でいれば

<a href="http://jpop.yinyueabc.com/Flumpool/%E8%A8%BC/">証 歌詞<a> 
<a href="http://www.yinyueabc.com">音樂 ABC<a>



僕(ぼく)がもしも 夢(ゆめ)に 敗(やぶ)れて 諦(あき)めたなら
遠(とお)くで叱(しか)ってよ あの時(とき)のようにね

君(きみ)の指差(ゆびさ)すその未来(さき)に 希望(きぼう)があるはずさ
誰(だれ)にも決(き)められはしないよ
一人(ひとり)で抱(かか)え込(こ)んで 生(い)きる意味(いみ)を問(と)うときは
そっと思(おも)い出(だ)して あの日(ひ)の僕(ぼく)らを

“またね”って言葉(ことば)の儚(はかな)さ 叶(かな)わない約束(やくそく)
いくつ交(か)わしても慣(な)れない
なのに追憶(ついおく)の破片(かけら)を 敷(し)き詰(つ)めたノートに
君(きみ)の居(い)ないページは無(な)い

溢(あふ)れだす涙(なみだ) 拭(ぬぐ)う頃(ころ) 君(きみ)はもう見(み)えない
想(おも)う言葉(ことば)は“ありがとう”
傷(きず)つけ合(あ)っては 何度(なんど)も笑(わら)い合(あ)えたこと
絆(きずな)を胸(むね)に秘(ひ)め 僕(ぼく)も歩(ある)き出(だ)す  

文章標籤

創作者介紹
創作者 曾小咖 的頭像
曾小咖

カリナ

曾小咖 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()